チャーシューも手作り

「父ちゃん特製ラーメン」ざっくりレシピ♪

上の子がお友達を呼んで、ウチでお泊り会をするっていうんで
父ちゃん張り切ってまたラーメン作り💦
今回は豚骨ベースだけど、濁らせないでごく普通な感じにしてみました。
DSC_6956

DSC_6963

DSC_6966

DSC_6969


ざっくりレシピ♪はコチラ👇
【スープ】
①豚骨は熱湯沸かして下茹で(骨から血が出来るくらい・10分ちょいかな?)~アク抜きしたのち、粗熱取れたら水洗い。
DSC_6904
②それを寸胴で、玉ねぎ・ネギの青い部分・生姜・昆布・豚背脂と一緒に煮る。水は全部の材料はすっかり浸るよりやや多め。
 (最初は沸騰寸前まで強火、沸騰間際に弱火にして昆布だけ取り出す)
③あくが出たら取り除きながら4時間ほど弱火にかける。
④粗熱が取れたら冷暗所で一晩寝かせる。(この時期の旭川は寒いので、今回は外の物置で、凍らないよう注意して寝かせました♬)

【チャーシュー】
①肉塊(今回はロース)をテキトーにタコ糸で巻いて圧力鍋に入れ、
 醤油(我が家ではずっと継ぎ足して使い続けてるもの)を肉が浸るまでぶっこみ、酒(安い日本酒)を許される量(?)加える→肉が柔らかくなる。
②圧力鍋で25分。
③圧が抜けたらチャーシューを取り出して、粗熱が取れたら一旦冷蔵する。
DSC_6907
チャーシューダレも冷やして上澄みのラードが固まったら取り出す→ⓐ仕上げ脂に使う。

【タレ】
①煮干し(頭とハラワタを除いたもの)を乾煎りして、
DSC_6950
昆布と一緒に煮る。
 昆布は沸騰する前に取り出す。
②煮干しのいい香りが出てきたらザルで濾す。
DSC_6953
③②に大量の塩をぶち込み、ちょっと舐めて塩っ辛く感じるまで濃度を上げる要領で煮詰める。

【具】
今回は前述のチャーシュー、メンマ(市販の水煮を醤油・酒・みりん風調味料で炒めたもの)、ネギで♫

【盛り付け】
①ドンブリに化学調味料小さじ1/2、タレ大さじ2強、チャーシューダレ小さじ1、ⓐの仕上げ脂(出来れば温めておく)小さじ3を入れ、軽く混ぜておく
②麺はいつもの「菊水・旭川生ラーメン」ウチはいつも茹で時間40秒‼
DSC_6972
③麺を茹でている間に、素早くどんぶりにスープ(約450㏄)を注いで軽く混ぜる。
④手早く麺をザルで上げてどんぶりへ。麺線をそろえてネギ→チャーシュー→メンマ、の順で盛り付けて出来上がり‼

麺はいろいろ試したけど、「菊水旭川生ラーメン」が何て言ってもおススメ‼
低加水で小麦の香り、専門店用の麺に負けない美味しさです‼






上の子のお友達にも喜んでもらえましたよーっ
ラーメン作りは楽し

「父ちゃん特製・鶏塩清湯ラーメン」

今年もお世話になりましたm(_ _)m
いろいろバタバタで更新もサボり気味ですが、2024年はもっと頑張りたいと思っていますので、ぜひまた暇を見て覗いてみてくださいね♬

さて今年最後のラーメンネタは「父ちゃん特製・鶏塩清湯ラーメン」
いつも濃厚なのばっかり作ってたら下の子から「たまにあっさりしたの食べてみた~い‼」と嬉しいリクエスト♬
早速鶏ガラ買ってきて作りました。

DSC_6798

DSC_6804

DSC_6806
チャーシューに使ったバラ肉は思ったより脂身が多かった💦
DSC_6809

「たまにはいいよね」「なんか新鮮だね」と家族は喜んでくれたけど、自分的には鶏の風味が出し切れてない感じなんだよな…。

DSC_6800
リベンジの余地大いにありだ、こりゃ💦

それではみなさん、良いお年を
楽天市場
ギャラリー
  • 「麺屋粉もんず」さんの「こってり中華 特製もんずそば」
  • 「麺屋粉もんず」さんの「こってり中華 特製もんずそば」
  • 「麺屋粉もんず」さんの「こってり中華 特製もんずそば」
  • 「麺屋粉もんず」さんの「こってり中華 特製もんずそば」
  • 「麺屋粉もんず」さんの「こってり中華 特製もんずそば」
  • 「麺屋粉もんず」さんの「こってり中華 特製もんずそば」
  • 「麺屋粉もんず」さんの「こってり中華 特製もんずそば」
  • 「麺屋粉もんず」さんの「こってり中華 特製もんずそば」
  • 「麺屋粉もんず」さんの「こってり中華 特製もんずそば」
最新コメント
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ