日記

たまには自分へのご褒美❕❕単独車中泊旅行❕❕ その③

さあいよいよ夕張へ❕❕

イメージ 20←2日目のルート02

クネクネと道道38号線の峠道を登り切り、下りに差し掛かって少し行くと、きれいに手入れされた芝生のある公園が。ちょっと覗いてみると、怪しげな看板が💦
イメージ 1←クリックで拡大
敷地は勾配のあるなかなか広い公園のようだが、立ち入れるスペースは限られている模様。ひと気は全く無く寒空でシーンとしており、確かに熊が居てもおかしくなさそうである。
イメージ 2←クリックで拡大
ポツンと管理棟のような建物があり行ってみると、
イメージ 3←クリックで拡大
昔は賑わっていたのかな?こんな表示があったり…。
イメージ 4←クリックで拡大
取り急ぎ写真だけ撮って熊に襲われないうちに退散するか💦
イメージ 5←クリックで拡大

更に坂道を下ってゆくと、
イメージ 6←クリックで拡大
これまた広大な敷地に巨大な廃墟が出現💦 
イメージ 7←クリックで拡大
なるほど、これが「石炭の歴史村」跡地か…。
2006年の閉鎖されほとんどの施設が解体されたそうだが、なぜか一部は残されたまま…。

あまりにデカい機関車もこうなってしまうと不気味だ…。
イメージ 8←クリックで拡大
ウォータースライダーまであったんだ…。
イメージ 9←クリックで拡大
営業中に来たことはないので栄枯盛衰とまでは知らないが、盛況だった頃はきっと凄かったんだろうと容易に想像できるスケール。
しかし朽ちたままで置き去りにされているのは悲壮感すら覚える…。
何とも言えない虚しい気分を感じつつ、先を急ぐとするか…。

夕張市街へ入り、立ち寄ってみた鹿ノ谷駅…。
イメージ 10←クリックで拡大
今回の旅の最終目的までは、まだ時間がたっぷりある…。

駅舎の中にはこんな掲示が……。
イメージ 11イメージ 12イメージ 13イメージ 14←クリックで拡大
イメージ 15イメージ 16←クリックで拡大
誰がどんな想いでこれらを掲示したのだろう…。そして地域の人々はどんな想いで読んでいるのか…。

さて、まだ時間はある。とりあえず次に行ってみたのはこちら♬
イメージ 17←クリックで拡大
そっか~、お金がかかるんだ…。
イメージ 18←クリックで拡大
そういえば何年か前にもここへ来て、有料だからまたにしようと後にした記憶が…。セコすぎる💦  
かといって寒空の中ひとりで観覧する気にもなれず…。

駐車場で書き遅れている日記なんぞ書いたりして時間をつぶす。
すると、予想以上に来訪者がいることに気づく。
大挙してお客が押し寄せるわけではないが、一組帰ったらまた次、帰ったらまた次、といった感じで常にだれかが訪れているといったところか。
確かに有名な映画ではあるしなぁ~。
イメージ 19←クリックで拡大
でも、もしかしたら他にとり立てて観るべきところも無いので、みんなここへ来てしまうのかも…(❔❕)

そんなこんなしているうちにいい時間だ💦
最終目的を果たしに行くとするか…。

更につづく…。

たまには自分へのご褒美❕❕単独車中泊旅行❕❕ その②

さて2日目は早起きして、さっさと出発❕❕ 向かうは映画「幸せの黄色いハンカチ」の舞台となった夕張でござんす❢こういう旅は大きな道路ではなく、あえて田舎道の「道道38号線」を選んで進むべし。迷い間違って変なトコ行っても自己決定自己責任で(?!)

イメージ 8←2日目のルート01

特段何もない田舎道だが、途中でポツンと蒸気機関車が置かれた公園が。
イメージ 1←クリックで拡大

「朝日駅」の旧駅舎を公園としたものらしかった。どうやら道道38号線は、廃線になった「万字線」跡に沿うように走る道らしかった。
イメージ 2←クリックで拡大

テキトーにデジカメを撮っていたらナント❕バッテリーのメモリが減りだした💦 やべ~💦 
この日は「もう冬がその辺に来てんからね~、風邪ひいたって知らんもね~」と言わんばかりに風も冷たくて空は鉛色に染まっており、それが更にこの景色の寂しさを増幅させているようであった。
なんでこんな時期にこんなところに居るんだか、読者諸君は「ただの物好きオヤジ」と思うかもしれぬ。しかしレッキとした目的がこの先にあり、それを果たすためには
デジカメのバッテリーが切れしまうのは非常に好ましくない状況なのであった。
というわけでここからしばらくデジカメではなくケイタイ写メでの画像ということになるのはイタシカタないのであった…。

多少画像の見栄え劣るケイタイ写メに切り替え、更に先を進んだところに何ともユニークなスポット発見❕❕
イメージ 3←クリックで拡大

なんですか、ここは?  何?温泉とな?! 足湯か? 入るしかないでしょう❕❔
っとよく確認してみると、それはなんと、冷泉をタダで汲んで家で温泉として利用する、いわば「お裾分け温泉」なのであった。
イメージ 4イメージ 5←クリックで拡大

そして正確にはタダではなく、温泉維持のための「協力料」が要るのだった…。
イメージ 7
「タダ」という言葉はやけに耳に心地よい響きを持つが、「協力料」となるとその言葉それ自体が嫌いとは言わないものの、なにがしか「迷い」とか「悩む」とか、妙に心をざわつかせる響きがあることに、今更ながら気づかされる。
それを踏まえて説明書きを確認すると、この冷泉は18ℓほどをポリタンクか何かで汲んで、家の浴槽で風呂水と混ぜて沸かすだけで温泉として温まることができるというシロモノのようである。
そしてナント❕❕まことに偶然にも車にキレイなポリタンクが❕❕ってな展開だと非常に面白かっただろうが、残念ながらカラの焼酎のペットボトルが2本あるのみだった…。

ペットボトル2本じゃあまともな温泉浴にはならんだろうが、家族への土産話のネタくらいにはなるかと思い持ち帰ることにする。
イメージ 6←クリックで拡大
「18ℓのところせいぜい6~7ℓなんだから、協力料はワンコインでどうですかね?」「いやあ、もう十分ですよ。家で足浴にでも使って下さいな❕」と、ひとり心の中で想像上の管理人と会話を楽しみつつ持ち帰るのであった。

つづく…。

たまには自分へのご褒美❕❕単独車中泊旅行❕❕ その①

10月は何かとストレス多い月だった。よし❗たまには自分癒しに一人旅に出るか❕❕
(とか言いつつ実は子供たちが付き合ってくれないので仕方なくソロで行かざるを得なかったのである…。)
イメージ 1←1日目のルート

1日目は芦別を抜けて桂沢湖方面へ。
途中、さびれた集落があり気になって立ち寄ってみると…
イメージ 2
ところどころに、人が居なくなったまま廃墟化したように見える家々が…。
イメージ 3
なんだかゴーストタウンのような面持ち…(失礼)。後で調べたら、かつては炭鉱で栄えた町の一角だそうだ。

ここに住んでいた人たちはいずこへ?この建物はこのままの在りようで風化していくのだろうか?なんてなことをぼんやり想いつつ、(全く人が住んでいないワケではないようです。)日も暮れかかってきたので先を急ぐのであった💦

さあお楽しみ❕❕ 今日の疲れを温泉で癒すとしよう。
桂沢湖のちょい先にある「湯の元温泉旅館」。
イメージ 4
新しくて設備の整ったホテルもいいが、適度にひなびた感の情緒ある温泉も捨てがたいなぁ❕❕

ほとんど貸し切り状態なので写真にしっかり収めたりなんかして。すっかりいわさんの影響(?!)
イメージ 5 イメージ 6

古びた露天もいいなぁ、いやぁ実にいい❕❕😁
イメージ 7
大人500円。たっぷり1時間は入ったろうか💦

こんな面白い注意書きも…。
イメージ 8
すっかり日も暮れてしまった。今頃子供たちは家でオヤジの悪口でも言ってるのだろうか…。

さあ車中泊ポイントを目指すとするか…。

1日目の車中泊は「道の駅 三笠」であった。
イメージ 9
すぐ横にイオンスーパーセンター三笠店があり、
イメージ 10
テキトーに食料仕入れての独酌。たまにはこういうのもオツなもの(?!)
イメージ 11
ほろ酔い気分で道の駅周辺散歩なんかしてみたり…。
イメージ 12
それにしてもけっこう車中泊客多いもんだ。自分は何年も前からカミさんとずっとやってたが、ここ数年はブームなのか、以前よりだいぶ車中泊者が増えたように思うのであった。

つづく

まだ冬じゃない❗❗ 秋を満喫❗❗

アウトドアシーズン(って言い方も好きじゃないけど…)のシメってことで、家族で旭川某所のバンガローへ。
イメージ 1

とにかく景色が美しい…。
イメージ 2

空気は色々な木々の香り…。
イメージ 3

「喧騒」とは無縁の世界…。
イメージ 4

夜。次女はロフトで何やら書き物…。
イメージ 6

朝。長女は大好物の「フレンチトースト」作り…。
イメージ 7

出来ました💦
イメージ 5

気づけばロフトの天井にボコッと穴が💦
イメージ 8
夕べ…。バカ親父がふざけて立ち上がった際、アタマを天井にブツケてとんだ顛末っ💦ごめん…m(_ _)m

イメージ 9
北海道は兎角「夏は短く冬は長い」ってイメージ…。夏が終わったらすぐにでも「冬支度💦」っていうのも解る。でも更に短い「秋」を満喫することも、忘れちゃいけないなぁって思う…。

晴れの日の休日

久しぶりの午前様でグッタリかと思ったら、意外とそういう日の明けはスッキリが多かったりして…(?!) とゆー訳でお空もカラッと晴天だし、家族でドライブです。

島津公園@上富良野町😊
イメージ 1

駐車場もそれなりに広く、芝生もトイレもキレイ❢❢(車中泊にも適してますネ♡)
イメージ 3遊具もあって子供連れにはサイコー‼

おっと池だわ💦
イメージ 2

楽しそうに父子客が手漕ぎボート💦
イメージ 9

(わざとらしいか…)

こちらはスワンボート💦
イメージ 7
な、なんとこれらは「無料❢❢」

イメージ 8
大小様々なトンボが行き交っていましたよっ‼

島津公園
空知郡上富良野町富町1丁目4

さて楽しく遊んだあとは温泉へ‼
イメージ 4

おお❢❢感激です💦
イメージ 5

露天ですね。
イメージ 6

立ち寄り湯は大人500円、子供300円。
嬉しいことに素泊まり(自炊可)もやっているとのこと。

美瑛ゲストハウス 白金の湯
美瑛町白金温泉10734-1

ギャラリー
  • 「花輪食品」さん@美瑛で昔懐かしい「自販機そば」
  • 「花輪食品」さん@美瑛で昔懐かしい「自販機そば」
  • 「花輪食品」さん@美瑛で昔懐かしい「自販機そば」
  • 「花輪食品」さん@美瑛で昔懐かしい「自販機そば」
  • 「花輪食品」さん@美瑛で昔懐かしい「自販機そば」
  • 「花輪食品」さん@美瑛で昔懐かしい「自販機そば」
  • 「花輪食品」さん@美瑛で昔懐かしい「自販機そば」
  • 「花輪食品」さん@美瑛で昔懐かしい「自販機そば」
  • 「花輪食品」さん@美瑛で昔懐かしい「自販機そば」
最新コメント
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ